メニュー
木曾漆器販売店一覧
漆工町 木曾平沢
周辺情報へのリンク
このサイトについて


風物詩 Total:32 (0)
 (17)    (1)    (14)  
木曾漆器 Total:24 (0)
道具 (11)   その他 (2)   家具   花器 (0)    (0)   漆掻き (1)   漆ぐろめ (3)   食器 (7)  
町並み Total:51 (4)
説明板 (1)   町並みセンター (4)   建物 (36)   仕事場 (6)  
イベント Total:44 (0)
竹祭り (14)   年越しキャンドル (3)   イベント (1)   御柱祭り (10)   祭り (15)   小学校 (1)  
撮影 Total:2 (0)
TVドラマ (2)  
自然 Total:55 (0)
草花樹木 (23)   風景 (21)   野菜 (1)   動物 (7)   山菜 (2)    (1)  
 Total:3 (1)
蕎麦打ち (2)  

   データベースにある画像は 211 枚です    

最新リスト

11 番〜 20 番を表示 (全 211 枚)« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 22 »


ケヤキ木皮造三段重 2

ケヤキ木皮造三段重 2高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   カテゴリー食器    前回更新2018-5-5 2:06    
ヒット数2221  コメント数0    
出来るだけ軽くしたく、内側を丸カンナで削り薄く仕上げました。  製作者 巣山 定一

ケヤキ木皮造三段重 3

ケヤキ木皮造三段重 3高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   カテゴリー食器    前回更新2018-5-5 2:05    
ヒット数2342  コメント数0    
薄く仕上げた事で強度を持たせる為に、内側や縁・角・蓋に麻布を貼り補強と塗りの表情にしました。 製作者 巣山 定一

高台椀大 根来塗

高台椀大 根来塗高ヒット
投稿者ゲストゲスト さんの画像をもっと!   カテゴリー食器    前回更新2018-5-5 2:05    
ヒット数2817  コメント数0    
木地は中を千筋に挽いて外側ははつってつくり、漆塗りは全体が赤っぽい中に所々黒が見える根来塗に仕上げたお椀です。 製作者 小林広幸

漆塗マウス

漆塗マウス高ヒット
投稿者ゲストゲスト さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2018-5-5 2:04    
ヒット数2568  コメント数0    
マウスへ漆を塗っています。他にもいろんな塗りをしています。 製作者 木曽漆器工業協同組合青年部

けやきの切り株1

けやきの切り株1高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   カテゴリー草花樹木    前回更新2018-5-5 2:02    
ヒット数2059  コメント数0    
街並みの外れにあるけやきの切り株です。123cmから103cmの物で、枝別れからくさり出し倒れるおそれが有り、土地の持ち主が切り出しました。300年前からこの地のうつり変わりを眺めて来ていたんですね・・・・。

けやきの切り株2

けやきの切り株2高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   カテゴリー草花樹木    前回更新2018-5-5 2:01    
ヒット数3629  コメント数0    
けやきには、青けやきと赤けやきが有り、一般的に多いのは青けやきです、外輪の部分が7cm位白いシラタと言われる所が有り、使えない事は無いのですが強度的に落ちるのでそのシラタを省いて使用します。画像のけやきは赤けやきで、シラタの部分が無く全体が赤みを帯び、年輪の詰み方も物凄く細かいです。久しぶりに良いものが見れました、切り倒された材は加工されて第二の人生(木生かな?)を発揮するでしょう。

漆ぐろめ(黒) 1

漆ぐろめ(黒) 1高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   カテゴリー漆ぐろめ    前回更新2018-5-5 2:00    
ヒット数2169  コメント数0    
手ぐろめによる、漆黒目です。作り手のほとんどが機械精製された漆を使っていますが、昭和40年位までは地区内の所々で行われていました。くろめとは、肌色のような生漆から、日に当てながら水分を抜いていくと、べっ甲色のような塗りの基本になる漆が出来上がり、赤呂漆・透き漆・木地呂等と言われています。画像のうるしは黒漆を作っている処です、作る方法は2通り有り、今回は生漆に鉄粉を入れて作る方法で作業しており、始めの方なので未だグレーの色をしています。

漆ぐろめ(黒) 2

漆ぐろめ(黒) 2高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   カテゴリー漆ぐろめ    前回更新2018-5-5 1:58    
ヒット数2150  コメント数0    
1時間位経った状態です。始めと比べてかなり黒くなって来ました、漆を入れてある物をフネと言い、漆を上の方まで持ち上げていく物をハンボウと言います。日に当てる前から、ハンボウで漆を擦る作業をナヤシと言い、ナヤシに時間を掛ければ掛ける程、漆が乾いた時艶の有る仕上がりに成ります。今年は、9月21日に赤呂漆を作り、今回の黒漆で2回目の作業です。

冬に備えて 1

冬に備えて 1高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   カテゴリー町並み    前回更新2018-5-5 1:57    
ヒット数2106  コメント数0    
ストーブの薪です。地区内の個人宅の駐車場に積まれています。5年に一度、此の場所に画像の5倍位の量を、自分の山から切り出した間伐材を積み上げて使用してます。都市部でも最近は薪ストーブが見直され、近年の灯油等の燃料高騰もあり、薪ストーブやペレットストーブを利用するお宅が増えているようです。此の薪の所有者も何年か前からお店と工房のストーブを薪に替えて、灯油には無い暖かさで来る人を迎えています。

冬に備えて 2

冬に備えて 2高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   カテゴリー町並み    前回更新2018-5-5 1:56    
ヒット数2377  コメント数0    
ストーブの薪と言うと、楢等が最上だと言われていますが、川原地に多い、偽アカシア、ケヤキ等も良いと言います。此の地は昔の植林政策の為なのか、唐松が多く、その特性でヤニの多さから、間伐材の処理等に苦慮しています。燃やすとヤニの多さから煙突にススが溜まり敬遠されます。其れでも、割って薪にしてから3年以上乾燥させると、中のヤニ成分が十分乾燥し、十分使用出来るようです、此の地より南西の御岳山の近くでは、使用しているお宅が何軒も有るようです。

11 番〜 20 番を表示 (全 211 枚)« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 22 »




木曾平沢町並み保存会 広報部会