メニュー
木曾漆器販売店一覧
漆工町 木曾平沢
周辺情報へのリンク
このサイトについて

アルバムトップ : 風物詩 :  :  Total:14

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 10 番を表示 (全 14 枚)(1) 2 »



桜の開花

桜の開花高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   前回更新2009-4-19 11:36    
ヒット数1988  コメント数0    
4月19日の様子の、漆の里ひろばの公園に在る桜が見頃です。今年は今までに無く、桜の開花が各地で早まっつているようで、ご多分に漏れず当地の桜も、何時もの年と比べても、10日位早い感じがします。温暖化が叫ばれて久しいですが、来年は更に早くなるのでしょうか?。この後も八重桜も咲いて来ます、ETC割引を利用してお出掛けになりませんか。

お釈迦の耳 5

お釈迦の耳 5高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   前回更新2009-3-17 21:30    
ヒット数2194  コメント数0    
今は丸い棒状に成形する事が多いですが、昔は菜箸を3本使って当てて凹ませ、耳のような形に作っていました。お彼岸のお供え物としてだけではなく、旅行のおやつやお茶請けにもよく登場します。筒状に伸したばかりの餅は柔らかく、包丁では上手く切れないので、糸を巻き付けて切ります。又、時間が経って硬くなった餅は、軽く炙って食しても美味しいです。画像は、真上から時計回りに、胡桃入り・コーヒー入り・青海苔入り・花柄・蓮根柄です。

お釈迦の耳 4

お釈迦の耳 4高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   前回更新2009-3-17 21:13    
ヒット数1984  コメント数0    
花柄等の餅を作る場合、最初はかなり太い状態ですので、餅自体が硬くなる前に細く伸さなければならないので、けっこう重労働です。

お釈迦の耳 3

お釈迦の耳 3高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   前回更新2009-3-17 21:10    
ヒット数2201  コメント数0    
画像はこねた餅に、クチナシ等の着色料を用いて、様々な色餅を作り、それを中心部に配置し、隙間に空気の層が出来ないよう、白餅を当て入れ、最後に周りを白餅で包み、花柄の物をを作ります。

お釈迦の耳 2

お釈迦の耳 2高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   前回更新2009-3-17 21:03    
ヒット数2063  コメント数0    
均等に混ぜ終えたら、筒状に伸して行くのですが、同じ太さにする為には、画像の様にまな板を当てて転がすと綺麗な太さに仕上がります。

お釈迦の耳 1

お釈迦の耳 1高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   前回更新2009-3-17 21:00    
ヒット数2278  コメント数0    
お釈迦の耳は、3月のお彼岸にお釈迦様へのお供え物として、当地区で昔から作られて来た餅菓子です。砂糖を入れてこねる工程までは、繭玉作りと同じです。その後色々な物を入れて様々な物を作ったりします、画像のこねている物は胡桃です。

ほう葉巻 7

ほう葉巻 7高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   前回更新2008-6-19 18:00    
ヒット数2271  コメント数0    
包み終えたお餅を、蒸し器で蒸して出来上がりです。数日そのままに置いても、傷む事も少なく保存食です。昔の人は、ほうの葉にそのような効能が有る事を、どうして知ったのか不思議です。

ほう葉巻 6

ほう葉巻 6高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   前回更新2008-6-19 17:54    
ヒット数2160  コメント数0    
出来たお餅を、綺麗に拭いた葉で包みます。破れたり穴が開いた葉は、小さな葉をあてがって包みます。両サイドから包み、葉先からクルクルと丸め、イグサで縛ります。荷造り用のビニール紐を細く裂いて使っても良いです。一枝で数個がまとまった感じは、独特の雰囲気です。

ほう葉巻 5

ほう葉巻 5高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   前回更新2008-6-19 17:46    
ヒット数2286  コメント数0    
ほう葉自体が縦長ですので、包んだお餅は真丸より、縦長にした方が、少々小さな葉っぱでも包む事が出来ます。

ほう葉巻 4

ほう葉巻 4高ヒット
投稿者demisedemise さんの画像をもっと!   前回更新2008-6-19 17:42    
ヒット数2166  コメント数0    
練り終えた生地を、ある程度の大きさに取分けて薄く延ばし、中に練り餡を入れて包みます。この時生地が薄い方が食べやすいです、市販の物は生地が硬くならないよう、生地に砂糖分を入れてあるので、数日は硬くならないです。個人的ですが、私は砂糖分が無い生地が好きですし、断然「つぶ餡」派です。

1 番〜 10 番を表示 (全 14 枚)(1) 2 »




木曾平沢町並み保存会 広報部会